純ジャパは、帰国子女や留学経験者には、負けてしまうのか?

今日のトピックは、国際的なビジネスの場面で、

帰国子女や留学経験者には、純ジャパは負けるのか?

について、私の長年の経験と思索に基づいて、お話をしてみようと思います。

(英語の話なのに、英語から少し離れてしまいます。)

まぁ、当然帰国子女は英語ネイティブですから、

英語の自然さや、美しさ、ネイティブとしての表現の豊かさなどは、

日本生まれ、日本育ち、日本の学校に行った我々は、

なかなか太刀打ち行かないかもしれないですね。

当たり前の話です。

アメリカの大学や大学院で、バチバチに鍛えられた方々も、すごい方いらっしゃいますから、

英語の完成度という意味合いでは、結構難しいかもしれません。

ただし、ここで考えていただきたいのですが、

あなたは、何のために英語を勉強しているのですか?

ということです。

アメリカに住み、アメリカ人の中に溶け込んで、

英語の完成度が要求される、

例えば俳優とか、声優とか、英語の先生とか、通訳とか、を目指すのでしょうか?

それはもちろん素晴らしい目標ですし、

もし目指している方がいらっしゃるのであれば、私も心から応援します。

(もしアメリカのTVシリーズなどに出演されるのであれば、必ず観ます!)

あるいは、ビジネスマンとして、

アメリカや世界の優秀な方々と、

ビジネスを一緒にやる、

あるいはその会社の日本支社で働いて、

英語で業務にあたる、ということでしょうか?

もし後者であれば、ネイティブレベルの完成度は全く必要ありません。

私のメルマガやブログで何度もお伝えしておりますが、

そんな要求をされたことは、一度もありません。

英語圏のビジネスマンでさえ、そんな要求はしてきません。

では何を求められるのかというと、

ビジネスパートナーとしての信頼度や、

仕事の完遂能力

そして、日本市場のことをどれだけ理解しているか?などです。

これはよく考えれば当たり前のことなのですが、

ついつい忘れがちなのでは?と思います。

日本在住の外資系企業の社長(アメリカ人男性)に、

「英語力に完璧は求めていません。それより仕事力です。」

と、はっきり言われたことがあります。

当然、英語はきれいで、完璧な方がいいに決まっていますが、

国際ビジネス、外資系企業で活躍するのには、

絶対条件ではないということです。

ただし、

何を言っているのかわからないレベルでは困りますし、

相手の意見をしっかり理解し、それに対して、

しっかりしたデータをもって回答することは大事です。

でもそこには、

完全無欠な英語はあまり必要とされていないのです。

まとめると、

気にせずバンバン、喋りましょう!ということです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

岩崎義久