速い英語と遅い英語

今日のトピックは、速い英語と遅い英語、についてお話します。

英語を勉強している日本人は、

英語圏の会議に参加して、

そのスピードにすごく苦労されていますね。

まず、音声のスピードについていけない。

リエゾンと呼ばれる、

音声がつながっていく英語特有の発音で、

なんだか学校や、英会話スクールで学んだのと、

違う英語が繰り広げられている・・・。

また、英語が聞き取れたとしても、

英語圏ネイティブは、

データや、固有名詞、数字で、話すことが多くて、

情報量がとてつもなく多くて、頭で処理できない。
でも、どんどん会話は進んでいく・・・。

これを解消するには、普段から高速音声で、

莫大なデータを処理する訓練をした方がよく、

やはり、高速英語トレーニングを行ってください、

となるのですが、

それができない場合の、解決策をご提案します。

それは、

1.高速の音読を習慣化する

2.英語を倍速(Youtubeなどで速度変更ができますね)でシャドーイングする。

3.ご自分の専門分野に関しては、専門用語、データなど、日本語でも英語でも理解できるように準備する。

これだけでも、かなり違うはずです。

1,2は上記の高速「音声」についていくための、

英語能力アップ訓練です。

3に関しては、日本語でわからないものは、

英語で言われてもわからないので、

ご自分の専門分野くらいは、英語でも日本語でも、

少なくとも単語や数字は頭の中に入れておきましょう、ということです。

実は、この準備が一番効きます。

特に専門分野の話題は、

世界共通の場合が、多いですから、
そこでの専門用語を英語で理解できているだけで、

大量データ処理はかなり楽になるはずです。

今日は、速い英語と遅い英語、について話をしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

岩崎義久