「仕事で英語を使う場合、英語だけをマスターしても危険!?」

仕事で英語を使う場合、英会話スクールと違い、のんびりと、楽しい感じで会話が進むことは稀です。
ましてや想定された場面が、目の前に現れてくれるなんてことは絶対にありません。

当然、仕事ですから、相手も自分たちの利益を最大化するために、動いているし、
こちらも当然そうなるわけです。応用課題に次ぐ応用課題。

まさに、生き馬の目を抜く世界。

喧々諤々の英語でのディベートが、繰り広げられています。

  
そこに英語だけを学んで乗り込んでも、コテンパンにやられます。
そうでなかったとしても、こちらの意図を十分に伝えられず、かなり不利な条件で契約を結ぶことになった、
なんていう話は、枚挙にいとまがありません。

もちろん、良識的で親切な海外ビジネスマンも数多くいらっしゃるので、
そんなに緊張感ばかりの会議というわけではないですが、
やはり日本人の英語は「弱い」と言わざるを得ないです。

あんなに、学校でも英会話スクールでも、場面ごとのフレーズを覚えて、
お金もたくさんかけて学んだのに、全く使えない、というわけです。

TOEICの点数も高い、発音もきれいなのに、なんで??ということは
しょっちゅう見てきました。

「世界のビジネス共通言語=ディベート」

その理由は、ビジネス会話がディベート的に行われているかどうか?です。

グローバルなビジネス環境では、ディベート的な発想と伝え方は、マストです。

ほとんどのビジネスエグゼクティブがディベートの経験があり、
もしなかったとしても、文化的な背景からディベート的な発想と伝え方が
徹底的に身についています。

徹底的なロジックを追求するし、数字を厳しく確認し、現実性や、発言の信ぴょう性も
徹底的に吟味される世界。

当然ですが、こちら側にもそれを要求してきます。

Leave no stones unturned(すべての石を裏返する。=すべての想定を確認する。)

ということをありとあらゆるビジネス場面で要求してきます。

そのため日本人メンタリティのまま、英語だけが上手くなっても、
ネイティブの輪に入れない、こちらの真意が伝わらない、などの現象が起こっているわけです。

そこで、お勧めする方法は、「英語ディベートトレーニング」です。

  
「英語だけ」ではなく、「(日本語)ディベートだけ」でもなく、
英語ディベートトレーニングです。

つまり、英語でのディベートを繰り返すことにより、
緊張感を伴った、プレッシャーだらけの国際ビジネスの場面で使われている
英語でのディベートを、そのままトレーニングとして行っていき、
上記のような、英語だけが上手くてもネイティブの中に入っていけないという状況をなくし、堂々とプレゼン、質疑応答を、余裕をもって行えるようにします。

実際のビジネス場面での英語コミュニケーションを
そのまんまで先取りしてトレーニングするということです。

実際、弊社代表の岩崎を含め、英語ディベートのトレーニングを行った方々は、
日本から一歩も出ることなく、ネイティブと丁々発止のディベートを余裕で行い、
つまはじきにされることもなく、英語の仕事を楽々こなしています。

格闘技で例えると、

通常の英語の勉強は「型」の勉強や、約束組手(パンチが右から来たら、こうよけて、
左のけりを出して、など「進行」が決まっている組手)。

英語ディベートは、(実際のビジネス場面と同じ)試合です。

何が来ても対応できるようにする。

どちらが使えるかは、一目瞭然ですね。

「ディベートの英語は実は簡単」

ここで、あなたからは、英語ディベートなんて、ハードルが高すぎる、
私には無理、という声が聞こえてきそうですが、

日常英会話のほうが取り留めもない話で、スラングも交えて自分の話をすることも多く、
よっぽど難しいです。

それに比べて、ディベート英語のほうがよっぽど簡単です。

というのは、ディベートの進め方は決まっているし、コミュニケーションが
「デジタル的」に行われます。またトピックとしては、ビジネスの場合、
やはり自分の専門分野ですから、日常会話のように、雲をつかむような
語彙の構築は全く必要ないわけです。

またよくビジネスで、使われる語彙としては、製品に関する知識や、
競合に関する情報、数字、などなので、それは日々の仕事の中で、
(外資系では特に、日本語でも英語でも)使うものなので、自然と身についているはずです。

ですので、分野が限られた自分の専門分野のビジネス英語を
英語ディベートトレーニングで、さらに加速的に伸ばしていくことができるわけです。

「弊社が提供する英語ディベートトレーニング」

弊社では、英語ディベートトレーニングの6か月コースをご用意しております。

半年をかけて、徹底的にトレーニングし、外国企業や外国人とのビジネスで
余裕でやっていける英語力を身に着けていただきます。

詳しくは、お問い合わせいただければと存じます。

  また、英語ディベートトレーニングに関する無料のレポートもご用意いたしました。

  ご興味のある方は、以下をクリックしてください。

無料レポート
【武器としての英語ディベートの教科書】

外国人・外資系企業と仕事なのに、学んだ英語が通じない!
英語に自信がないあなたへ


元外資系支社長で、元海上自衛隊幹部学校ディベート講師が教える
外資系企業で抜きん出る存在になるための
【武器としての英語ディベートの教科書】を無料でプレゼント

登録頂いたメールアドレスにURLをお送りします

※ @ i Cloud.comのメールアドレスでは届かないようですので、
  それ以外のメールアドレスからのご登録をお願いします